スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
新型インフルエンザ
 新型インフルエンザが国内で広まり、出かけることを極力控えておられる方もいるのではないでしょうか?私もこの時期は咳が長期間とまらなくて通院・薬の服用をしておりますが、医師は「アレルギー性のものです」とのこと。以前よりは少し楽になりましたが、まだ全快には至らず。昨日はよくなっていたのですが、今日はまた喉がイガイガしてきています。レッスンの際にもマスク着用をする場合がありますのでご理解ください。

 さて、先日からマスクが完売状態で、今日も薬局で尋ねましたが完売でした。アルコール消毒剤もないということでしたので、自分で作ることにしました。材料は無水エタノールと精製水(ミネラルウォーターで代用)。さわやかな香りにしたかったのですが、エッセンスオイルがなかったのでこの2つだけをよくまぜてスプレー。100円均一のスプレーボトルは失敗です。霧状ではなく、水がドバッと飛び出して床にもボタボタ落ちてしまいました。うーん、園芸用ボトルだったんだけどスプレー口が小さいものを買わないとだめだな。でもとりあえずこれを玄関において使おうと思います。
ごあいさつトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
奇跡の歌声
 先日新聞にも掲載されていましたが、イギリスで今話題の奇跡の歌声「スーザン・ボイル」をご存じでしょうか?You tubeに掲載されて話題となり、早速視聴してみました。彼女はイギリスのオーディション番組に出演し、その容姿・47歳という年齢からか審査員・観客からも冷ややかな視線をあびながら、ひとたび歌い始めると観客・審査員が拍手喝采でものすごい盛り上がりとなりました。この番組の審査はとても辛口で有名なのですが、3人が3人とも「Yes」の評価。番組が始まって3年経つそうですが、今までで一番素晴らしいパフォーマンスだったそうです。曲目はミュージカル「レ・ミゼラブル」の「夢やぶれて」だったのですが、Amazing!! Incredible!!です。あまりの感動に涙が出てきました。将来はエレイヌ・ペイジのような歌手になりたいそうですが、応援したいです。

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg
好きな音楽あれこれトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
外国人から見た日本人
 ネットでおもしろい記事を見つけました。中国のサイトを日本語訳したもののようです。

ーー以下抜粋ーー
 私の友人は、全日空(ANA)支店に就職した。彼女に仕事面で何が最も感慨深かったかを尋ねたところ次の出来事を話してくれた。全日空を利用するのは大部分が日本人だというが、ある時東京行きの荷物を大阪に運んでしまったという。荷物の持ち主は上顧客であったため、社員たちは緊張しながら謝罪したという。しかし、客の反応は穏やかな態度で社員たちの労をねぎらう言葉を発したという。友人は「人は立場が高くなればなるほど姿勢は低くなり、こういう人間こそが本当に成功することが出来るのだ」と語った。

 またある時、空港内でペットボトルを持ちながら走り回っている子供がいたという。彼女は子供に何か助けが必要かを尋ねたところ、その子供は「どのゴミ箱にペットボトルを捨てればよいか分からない」と答えたそうで、このような小さな子供でもゴミの分別という概念を持っていることに驚いたという。

 中国人が国外に出ようとしてもビザ取得が非常に難しいのが現実だ。しかし、日本人は同じアジア人だというのにビザの取得は非常に簡単であり、ビザ無しで訪問出来る国が多くある。これは外国人が日本人の教養・素養をはるかに高く評価しているからであろう。人にとって国籍は最大の名刺となると言っても過言ではないだろう。

ーーー歴史的な遺恨から、今もなお日本のことをよく思っていない方の多い中国での記事だったので、同じ日本人としてとてもうれしく誇らしく感じました。それと同時に、日頃から我が身を振り返り、適切なマナー・態度を身につけていくことはとても必要だと感じました。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
別れの春
 今年度の全てのレッスンが終了し、生徒のみなさんには普段の倍以上の宿題をお渡しして春休みとなりました。みなさん練習ははかどっていますか?新年度に向けて、一歩ずつ前進できるように、毎日コツコツと努力を積み重ねて、また4月にお会いできるのを楽しみにしています。

 さて、3月は別れの季節。生徒さんや知人が仕事の異動のためにお別れすることになり、なんだかとても寂しく感じています。またいつか元気にお会いできたらいいなと思います。次にお会い出来るときには今よりも少し成長した自分でありたいです。

 
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
忙しかった一日。
 今日は朝からWBCの中継があり、Japan VS USAの準決勝。ここで破れれば終わりということもあり、応援にも熱が入りました。日本は久しぶりの後攻で、あの白っぽいユニフォームの時には負けているということもあり、なんだか嫌な感じ。松坂投手が投げた先頭打者二球目をレフトスタンドにもっていかれてホームラン。いきなり先取点で出鼻をくじかれましたが、今日はその後の投手陣も野手陣も、守備に打撃にチームワーク抜群の「つなぎの野球」で終わってみれば9-4でした。相手が全てメジャー選手ということもあり、最後まで気が抜けない試合でしたが、まだまだここで緊張がとけてはいけません。明日は決勝戦、宿敵「韓国」との試合です。両者何度も対戦していて知り尽くしているからこそ、結果がどうなるか検討もつきませんが、とにかく「世界一」へ向けて、ブラウン管から応援したいと思います!

 先日から風邪をひいてしまって、のどが腫れてしまったのでどうしようかなぁと思いつつ、早めの診察へ。風邪薬は体調や体質によってはひどい眠気を催すそうで、夕食後の英会話への運転が多少心配ですが、早めに治さないときついですね。昼からは予約していた歯医者さんへ。治療椅子の上で携帯が鳴って、今度は市役所へ。動けるときにいろいろしておかないと、年度末はただでさえ忙しくなるし、季節の変わり目は体調不安定なので予定が立てられません。教室の生徒さんの親御さんから残念なお知らせがあり、楽しみにしていただけになんだか気が抜けたようで・・。こればかりは仕方ないです。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ドラマ「トライアングル」
 久しぶりに毎週釘付けになって見ていたドラマ「トライアングル」。約3ヶ月という短い期間での早い展開に、次回の放送が待てないぐらい楽しみでした。今週火曜日に放送された最終回では、25年間探し続けた犯人が見つかり、確実な証拠をもとに会いに行くことから始まりました。毎回の放送を見ながら「この人が犯人かも。。」と稚拙な推理をしながらの視聴でしたが、まさかあの人が!という衝撃の展開でした。原作ありきのドラマだったので、本を読みたいと思いネットで探したのですが、購入者の評価がとても低かったのであきらめました。原作とドラマとは違っているそうで、ドラマは原作よりもよく作られていると評価が高かったです。犯人を導き出すまでの伏線が、今思えばいくつもあったことに「そうか、これだったのかぁ」ともやもやしていたものがやっとこれで晴れました。出演者はとても個性的な俳優人ばかりで、こんなすごい方たちが集められたドラマは最近見たことがないと思うほどで「旬」な方たちばかりでしたね。ドラマを盛り上げた音楽もどれも素晴らしくスタイリッシュな音楽に仕上げられてる気がしました。同じ曲をアレンジして様々な場面で効果的に使っているのも印象的でした。ジャズピアニストの「上原ひろみ」さんが演奏するテーマ音楽がかっこよかったです。春の新番組ではどんなドラマが放送されるのか楽しみです。
映画・ドラマトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
Dr.コトー定年を再延長
 Dr.コトーのモデルとなった医師として知られている、薩摩川内市下甑手打診療所の瀬戸上先生が、離島での診療を再延長することとなったそうです。島民のために30年働くことは、みなが真似できることではないと思います。お元気でますます頑張ってくださることと思います。下甑を離れて11年が経ち、とても懐かしい思いで記事を読ませていただきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090310-00000300-yom-soci
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
金銭教育
 イギリスのテレビ番組を見ました。ある小学校で行われているプログラムで、お金に関する専門家が2日間授業をするというもの。イギリスでは自己破産件数が増えているそうで、子どものころからの金銭教育が必要だと感じている・・とその専門家は言っておられました。

 「10ポンド(約1400円)あったら何が買えると思いますか?」子どもたちの中から「音楽を有料でダウンロードする」と意見がでると、先生は「10ポンドで平均して6曲程度ダウンロードできる」と答えました。そしてさらに、「今朝、うちの奥さんから頼まれて夕食の材料を買ってきました。これが全部で約10ポンドです」と、実際の食材を生徒に見せます。袋入りのじゃがいも、冷凍パイ、まるごと1羽のチキン他・・「10ポンドで水道費は何日分払えると思いますか?」とか「その他の光熱費だったら?」など、子どもたちに質問を投げかけ、それぞれ思い思いに考えさせます。放課後、子どもたちはそれぞれ10ポンドで何を買うかというリサーチに行きます。CDやサッカーボール、おもちゃ等・・それをまとめて翌日の授業へ。

 先生は翌日、宿題をみんなに発表してもらいます。そして、みんなに書いてもらったものは「needs」とよばれるものと「wants」と呼ばれるものに分けられることを知らせます。「wants」は自分の欲しい物だけど、なくても困らない。needsはどうしても必要なものだとわかります。そこで、彼らの宿題を「needs」と「wants」に分けていきます。最後にみんなを教室の外へ連れ出します。外には前もって準備していたシーソーが置いてありました。片方に座らせた生徒を「wants」とし、一方だけではバランスがうまくとれないことを理解させます。そして、今度は「needs」役の生徒だけを座らせて、バランスがとれていないことを確認させます。先生が伝えたかったのは、この二つのバランスをうまくとることが大切だということでした。

 この先生の家庭では、子どもたちがお手伝いをしたとき、1回につき50ペンスをあげているそうです。子どもたちはそのお小遣いを貯金箱に貯めていました。金銭教育は、小さい頃から体験を通して学ばせる必要があると改めて感じました。「wants」と「needs」・・・これからは衝動買いしないようにしなければ。(反省)
その他トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
命の授業
 先日、偶然「命の授業」という番組を見ました。長崎県にある農業高校での「命の大切さ」を伝えるための授業でした。生徒たちが手塩にかけて育てた鶏を、生徒たち自身に鶏の生命を絶たせることで命の大切さを教えているというものでした。

 生徒たちは全員女子生徒で、先生が鶏を抱えたまま手順を説明している間、ほとんどの生徒が涙をこぼしながらじっと説明を聞いていました。「命を絶つ前に、鶏のまぶたをそっと伏せてあげてください。そうすることで、鶏にも覚悟ができます。」話を聞いていた生徒たちから大粒の涙がこぼれます。「それではそれぞれのグループに分かれて、誰がどの部分を担当するかを話し合いで決めて下さい。皆さんなら出来ます。じっくり話し合っていいですから、自分から手を挙げて欲しい。」と先生が語りかけると、生徒たちはまた涙をこぼしながら、時折、重い口を開き、じっくり時間をかけて話し合います。やがて、それぞれのグループの中から、「命を絶つ」と決めた生徒が自ら手を挙げ始めます。「ありがとう。よく決心してくれたね。」そして、グループで協力しながらの作業が始まります。

 自分で決めたことなのに、いざ「実行」するとなると、その「決心」がにぶる。女生徒たちは一様に涙をこぼしながら、辛い作業を終えます。作業を終え泣き崩れる子、過呼吸を起こして床に倒れ込む生徒。一度失った「命」は二度と戻らないとわかっている、しかもその大切な「命」を育ての親である彼女たちが絶たなければならないのです。この大きな試練は彼女たちに重くのしかかります。「かけがえのない「命」をくれた鶏たちに「感謝」しなければなりません。彼らが命と引き換えに私たちにくれたものを、食べ残してはいけません。」生徒たちはチキンカレーをこしらえて、最後に笑顔でいただきます。
この授業を4年前から始めたというが、その間一人も食べ残した生徒はいないそうです。
その他トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
今月のレッスンについて
 今年度最後のレッスン月となりました。今月のレッスンは計3回となります。本年度最後のレッスンでは、来年度までの宿題を少し多めにお出しします。お休みの間に少しずつ練習して、新しい学年を自信を持って迎えられるよう頑張りましょう。現在のテキストを終えて次の段階へ進む生徒さんは、新しいテキストの購入をお願いします。のちほどご連絡いたしますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
教室のお知らせトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
前ページ| ホーム |次ページ
プロフィール

pincushion

Author:pincushion
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。