スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
人生における目的
 友人から本の紹介を受けました。"A Roar From Within" written by Larry De Rusha。
洋書なのですが、友人の友人が和訳した文章を転載しておきます。

==YOUR PURPOSE (人生における目的)==

ひとりの孤独なサボテンが、砂漠にいました。
サボテンは思いました。
なぜ自分は、こんな何もないところで動くこともできずに生きているんだろ
う、と。サボテンはため息をつきながらこう言いました。

「ここで日がな、一日立ち尽くすだけで何もしていないわ。」
「なんのために私はいるの?私ってこの砂漠で一番醜い植物だし。
チクチク痛くて細いとげに、ゴムみたいに硬い葉っぱ、太っちょでブツブツ
の体。旅人が休む日陰をつくることもできなければ、のどが乾いたときの
ための果物をつくることもできない。私が役に立つ理由が見つからないわ。」

サボテンのすることといえば、毎日、毎日、そこに立ち尽くし、
大きく成長していくことだけだった。
とげは長く伸び、葉っぱはもっと硬くなり、体はでこぼこだらけで、
不格好に傾いた姿になるまで大きくなり続けた。
サボテンは本当にヘンテコな姿だった。
「なにか役に立つことがしたいわ。」とため息をつくサボテン。

昼になると、鷹たちが空高いところを弧を描くように飛んだ。
「わたし、生きてる間に何かしたいの。」と、サボテンは話しかけてみた。
鷹たちは聞こえたのか聞こえなかったのか、どこかへ飛んでいった。

夜になると、月が顔を出し、砂漠を青白い光で照らした。
「わたし、生きてる間に何か良いことがしたいの。」と、サボテンは話しか
けてみた。月は冷たくサボテンを見つめ、いつものように夜空を通り過ぎ
ていった。

トカゲが、砂の上に小さなしっぽの跡をつけながら、這うようにしてやって
きた。
「わたしにはどんなすばらしい事ができるかしら?」サボテンは話しかけた。
トカゲはちょっと立ち止まり、「君が?」と笑った。
「すばらしい事だって?なに言ってるんだ、君は何もできないだろう!
鷹たちが空高くに描いた円は、ぼくたちが見とれるほどに繊細な軌道を
つくり出している。月なんか、空のもっと高いところからランタン
(ちょうちん)のように世界を照らす。その光でぼくらは愛する者たちの
ところへ帰ることができるんだ。こんなにみすぼらしい姿したトカゲのぼく
でさえ、何かしらやれることがあるよ。しっぽを引っぱると、美しい模様が
砂にできるんだ。でも、君は?毎日どんどん醜くなっていくばかりで、
ほかに何もしていないじゃないか。」

そして、何年も何年もサボテンはそのままだった。

ついにサボテンは年老いて、もう先が長くないことを悟った。
「ああ神様。」とサボテンは泣き叫んだ。
「もう長いこと探しつづけてきたわ・・・。疲れてしまいました。
もしかしたら本当は意味のあることができたのに、私自身がただ、
見つけることができなかっただけだとしたら、お許しください。
もう遅すぎるかも知れない、そう思うと本当に怖い。」

そのとき、サボテンはどこからともなく感激を覚え、
なぜか視界がひらけたような感じがした。
絶望を打ち消す歓びが湧き上がるのを感じた。
サボテンの頭の上に、
ティアラのようなすばらしい花が、突然咲いていた。

この砂漠で、こんなに美しい花を見たことがある者は誰もいなかった。

花は遠くまでその香りを伝え、そこを通るすべての人に歓びを与えた。
ちょうちょがその美しさに見とれて止まった。
宝物のようなすばらしい花を見つけた、と、夜には月さえも微笑んだ。
サボテンはどこからか声を聞いた。

「辛抱強く待ち続けたね。」 神様の声だった。
「善いことをしたいと探し求める心が私に聞こえた。
その心が世の中に恩恵を与えているのだよ。
 恩恵 とは、すべての者に歓びを与えるもの
- それがほんの少しの間だけだとしても。」

-誰にも生きる目的がある-

ただ日々を生き抜くだけのことを超越したとき、
人を生きる意味を探し出す。
決まりきった日常や習慣に囚われていると感じることがある。
これはどういうことだろう?
もしかしたらそれが、あなたが生きる目的や
意味を探し始めたということなのかもしれない。
もし決まりきった日々が長く続けば、ほんとうに自分は
生きる目的があるのだろうかと思うかもしれない。
リラックスして大丈夫。誰にも人生の目的があります。

物語のサボテンのように、人は誰しも、今までしてきたことよりも
大切なことが人生にはあるはずだという思いを持ち、
その気持ちが不安を呼ぶものなのです。

大丈夫。もしまだ見つけていないのなら、
これから花が咲くということ。

・・・どこからか「Don't worry. You can do it! 」と
声が聞こえたような気がしました。
あれはサボテン君だったかもしれません。
スポンサーサイト
英語・英会話トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
夏休みのスタンプラリー!
 本日、スタンプを5つ集めてささやかなプレゼントを差し上げた生徒さん「1号」が出ました!!この夏休みによく頑張りましたね。プレゼントはとてもささやかなものでしたが、どれにしようか迷っている姿を見てなんだかほっとしました(笑)また新しいプレゼントを手に入れておきます。

 今回のスタンプは、5つ集まった人もそうでない人も、通常のスタンプシートにそのまま転載しておきます。ですので、今後もピアノの練習をがんばってプレゼントをゲットしてください(^^)

 なお、2学期には「おさらい会」を予定しておりますので、少しずつ演奏曲を選曲していきたいと思います。演奏してみたい曲があれば、先生に教えてくださいね。去年よりもレベルアップしている演奏をみんなに聞いてもらえるように、毎日の練習を頑張りましょう!
好きな音楽あれこれトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ダニエル・ラドクリフ
 ハリーポッターで一躍トップスターへと躍り出た「ダニエル・ラドクリフ」くん。11歳デビューした彼ももう19歳となり、最近では「エクウス」への出演が何かと話題になっています。さて、先日ダニエルが自身のことを告白したことがニュースとなりました。日本では「統合運動障害」と呼ばれている「ディスプラクシア」と呼ばれる運動障害であることがあきらかになりました。ダニエルくん自身は、その障害を隠すこともないとのこと。幸い症状は軽いものなので「靴ひもが結べない」とか「きれいな字が書けない」ということのようです。ディスプラクシアという名前を初めて聞きましたが、ダニエルくんが学習障害で苦しんでいた様子がインタビューから伝わりました。

ニュースより抜粋~
 
  ディスプラクシアは、日本で統合運動障害、協調運動障害などの名前で知られる行動遂行能力の障害で、学習面での発達を妨げることもある。ダニエルは、「学校では全部だめ。うまくできることが何もなくて、つらかった」と話す。活躍できる場を、学校の外に求めたダニエルが、希望を見出したのが俳優業だった。5歳から俳優にあこがれていたというダニエルに、最初は反対していた母親も、9歳の時には、ドラマのオーディションを受けることをついに認めた。ダニエルは、その2年後にはハリー・ポッター役を射止めた。

 ディスプラクシアは原因がまだ究明されていない障害で、重い場合には、作業療法などによって、スムーズな生活が送れるように訓練する治療が施される。ディスプラクシアの権威であるニューヨーク大学のデヴィッド・ヤンガー博士は「ラドクリフは同じ障害を持つ人の良いお手本となるだろう」と語っている。

 ダニエルくんの告白により、同じ障害を持つ人たちがどんなに励まされるだろうと思いました。一日も早い原因の究明とダニエルくんのますますの活躍を期待しています。

 
その他トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
絶対音感
 先日「行列のできる相談所」という島田紳助の番組を見ていたら、出演者の気になるすごい技を持った人たちが登場しました。その中に25歳ぐらいのスーツ姿の男性が出演しました。彼は、世の中で聞いているいろいろな音を鍵盤で再現するという「絶対音感」の持ち主。はじめに数曲演奏したのは新幹線で流れる音楽。番組出演者は「新幹線だ!」とすぐに気づきました。そのあと「Windowsの起動音」やスーパーマリオの音楽を再現していて驚きました。マリオでは音楽だけでなく、コインを取るときの音楽も高音をうまく使って表現していてびっくり!

 みなさんは「耳コピー」で演奏してみたことありますか?
その他トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
北京オリンピック開会式
 8日に北京オリンピックが始まり、熱戦が繰り広げられていますね。先日の開会式では、「足形の花火」が天安門広場から鳥の巣へ向かって歩いてくるような演出がありましたが、あれが実はCG(コンピュータグラフィックス)だったとか。あれもチャン・イーモウ監督の演出だったのでしょうね。さすがにあちこちで大きな花火をあげるわけにもいかないでしょうから、仕方のないことだったのでしょう。それにしても「まんまとだまされた感」がある開会式。

 開会式には世界的な若手ピアニスト「朗朗(ランラン)」が、ステージ上で小さな女の子と演奏をしていました。彼ももう26歳なんですね。私が初めて彼の存在を知ったのは、仙台市で行われた「青少年のためのチャイコフスキーコンクール」でした。彼がたしか13歳のときに出場して優勝したんです。あれからもう13年。ずいぶんと風貌も変わっていて、見違えるようでした。・・・が、どうしてもあの時の演奏も生演奏ではないような気がしてならないのです。小さな女の子はランランに促されたときにだけ思い出したように「ピロピロ」とピアノを演奏しているのですが、思いっきり実際の音とはタイミングがずれていました。まさか・・・ね?

 同じく開会式で小さな女の子が歌を歌ったのですが、あれは口パクだったみたいですね。しかも、事前に録音していたのは違う女の子の歌声だったとか。それじゃあ音声だけの女の子も、口パクした女の子もなんだかかわいそう。

 彼らのように、トリノオリンピックを口パクでみんなを驚かせたオペラ歌手「故 ルチアーノ・パヴァロッティ」氏は、天国でこのニュースを聞いて笑っているんじゃないでしょうか?(笑)「お祭りなんだからいいじゃない!」と。
その他トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
Family Martの新店舗オープン!
 今日はファミマの新店舗に行って来ました。チラシには、おにぎりやお弁当が50円引きとあったのでそれ目当てで(笑)さすがに家からは遠かったぁ~。鹿児島に行くついででもない限り、立ち寄ることはなさそうです。指宿市内中心部から行くと、北指宿中学校近くの交差点で右折して駐車場に入ったほうがよさそうです。

 到着したらすぐにおにぎりコーナーへ。105円~135円ぐらいのおにぎりが並んでいました。105円のおにぎりを家族分買い込み、あたりをぐるっと一回り。思っていたよりも店舗内は狭いです。商品の数も少なく、目新しい商品は見つからず。チラシではホームベーカリーみたいなものが書いてあったので、店舗内にパン屋さんがあるのでは!と期待してしまいましたが、ただの自社ブランドパンでした。瀬々串の方にあるファミマみたいに焼きたてのおいしいパンが食べられれば査定UPだったんですけどね。仕方ありません。おにぎりの精算を済ませると、「エコバッグ」と「ボールペン」をもらいました。

 店内をうろついていると、スタッフらしき人が「ファミマカードを作りませんか」と話しかけてきました。とりあえず話を聞いてみることに。支払い方法が「口座引落」と「店舗支払い」とあるではありませんか!・・ってことで「店舗支払い」にてカードを作ってみました。申込みが終わると、もれなく「ポップコーン1袋」「フライドチキン1本」「トイレットペーパー4ロールかうまい某詰め合わせ」がもらえました。

 ちょっとの買い物で、かなりの粗品をもらって得した気分の一日でした。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

pincushion

Author:pincushion
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。