スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
いま、何ておっしゃいました?(車検代)
 本日車検のために、愛車「ヴィヴィオ」くんが入院しました。そして、たった今連絡がきて愕然としました。壊れていたエアコンも修理していただくようにお願いしたので、コンプレッサーから交換しないといけないエアコン修理だけで10万超と思っていたのですが、エアコンだけじゃなかった!!さすがに10年目ともなると、あちこち悲鳴を挙げていたようです。私のへたっぴな運転に耐えてよく頑張ってくれました。

 最初に「エアコンとその他の部品交換等の修理で27万円になります。内訳は・・・」に、にじゅうナナまんえん!?うそでしょー??うそだと言っておくれ、サービススタッフさんよー。後半の内訳を電話口で聞きながら、気が遠くなりそうでしたよ。

 次に私の口から出た言葉は「なんとか車検だけ通るようにしたら、どうなりますぅ?」というと、「車検後にできるだけ早くタイヤ(4本)を交換して、エンジンがかかりにくくなったら点火系部品を交換するということにすれば・・・エアコン修理しても22万超です。」

 さらに「エアコンのコンプレッサーを新品部品でなく、リビルド品でお願いしたら安くあがりますか?」と粘ってみました。「今すぐにお値段を申し上げることはできませんが、多少安くできると思いますので、だいたい20万円でおさまるかと。」

 そんなにまでして修理する必要があるのか?と皆さんお思いになるかもしれませんが、駐車場への小道の幅が狭く、旧型車の車幅でないと通れないんです。ですから、現在出回っている車に買い換えると駐車場から探さないといけなくて・・・。いえいえ、まだまだ彼(ヴィヴィオ)は現役くんです。もう少し私のへたっぴな運転につきあってもらうつもりです。ちゃんと治療してもらうんだぞ、ヴィヴィオ!!
スポンサーサイト
その他トラックバック(0) | コメント(9) | top↑
ビリーのブートキャンプ
 ただいま来日中の鬼軍曹!?「ビリー」。すごい人気ですね。15,000円でゴムひもとDVDをセットで購入できると聞き、その爆発的な人気に「なぜだろう??」と考えてみました。

 夜中にテレビをつけておくと、魅惑的なアメリカの通販番組が放送されていますよね。ビリーのDVDは通販番組ピッタリの商品なんだ!と改めて思います。トレーニング中の彼の語りかけは、映像を見ながら主人公になりきってしまう私たち「視聴者」に向けられています。あの苦しいトレーニングですから、彼の励ましなくして続けることはかなりきついと思います。

 ある番組で、メタボリック気味のテレビ関係者に「ビリーのブートキャンプ」を体験してもらったら、1セット55分のトレーニングを20分ほどしか続けられなかったそうです。テレビで見ているだけでも、かなりすばやくハードな動きですよね。それだからこそ、ハリウッドの映画俳優たちが1週間で新しい自分(新しい体)を手に入れてきたのでしょう。

 「あなたも購入したら?」としきりにすすめる親をよそに、一人ぽつんと座り「ぴこぴこ」とDSにタッチペンを滑らせる私。運動するのは嫌いだけど、意外と頭を使う仕事をすると、いつの間にか体重が落ちるんですよ。(リバウンドも早いが・・)ビリーに負けず、ダイエット頑張るぞ!
その他トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
DS「もっとえいご漬け」
 本日早速DS用のソフトを買いに行きました。TOEIC用のソフトもあったのですが、評判はどうなのか確認していなかったので、とりあえず「もっとえいご漬け」Get!これは1人用の学習ソフトなのですが、タッチペンを使ってディクテーション(書き取り)をしていきます。

 思っていたよりもリスニングが出来なくて悪戦苦闘。これはいい練習になりそうです。久しぶりに「ペンだこ」ができそうなぐらい頑張っています(笑)「遊びながら学ぶ」ので、学習が苦にならず、「もう少し勉強したい」という気持ちになります。DS本体を購入するまでに悩んだのですが、携帯用ゲーム機ですので、パソコンを立ち上げるように時間もかからないし、いつでもどこでも空いた時間に手軽に学習できるのがおすすめです。
英語・英会話トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
NintendoDSLite
 なかなか購入できなかった「ニンテンドーDSライト」の本体をやっとのこと手に入れました。今日お昼頃買い物に行って「たしか今日発売の広告があったなぁ」とダメもとで行ってみると、ありました!しかも限定8台なのに4台も売れ残っているじゃないですか!とりあえずゲットしておこうと思い、即購入。高い買い物なのに、ソフトがなきゃ使えないんだわ(笑)

 先日のニュースで「ある高校が、クラスの生徒全員に一人1台ずつDSを持たせて学習ソフトを使用させた結果、英単語の定着率が上がったそうです。ゲーム感覚で手軽に学習できるというのがよかったのでしょうか。通っている英会話のレッスンでも、「ニンテンドーDSのえいご漬けがおもしろい」と聞いて、実際にゲームをさせてもらったのですが、リスニング力アップにいいというお話でした。

 近いうちにソフトをまず1つ購入して始めようと思います。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
今日の南日本新聞
 今日の南日本新聞の「ひろば」欄に、見覚えのある名前がありました。ずいぶん前に勤めていた学校での教え子でした。今は教師として小さな学校に勤めていると書いてありました。文面から頑張っている姿が伝わってくるようで、懐かしくうれしく思いました。

 教師として担任になると、基本としてその学年を持ち上がります。1年で担任すると、その生徒が3年生になるまではその学年に所属することが多かったです。彼の学年も3年間持ち上がりました。ただ、自分のクラスの生徒だったのか、違うクラスの生徒だったのか曖昧なのです(^^;)とくに、彼は双子だったので、私が担任として持ったのかは・・・??(汗)

 テニス部として活躍していた彼は、いつも笑顔のかわいい男の子でした。今は陸上部を担当しているそうで、子どもたちのお兄さんのように頑張っているんだろうな。(顔はばっちり覚えているんですけどね)影ながら、ご活躍をお祈りいたします。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
Tくんとの出会い
 誰もが知っている曲「ねこ、ふんじゃった」は思い出の曲である。先日、小学生の生徒さんが「これ弾けるよ」と聴かせてくれた。オリジナルと違って少しアレンジしてあるのがなかなかいい。誰もがチャレンジしたくなるこの曲に、以前出会ったTくんが挑戦したのを思い出した。

 彼は心臓に大きな病を持っていた。半身がほとんど動かず、みんなと全て同じ事ができなくとも、精一杯やろうとする頑張りやさんだった。体は小さいがとても元気で、くりくりした大きな瞳をぱちぱちしては、「せんせーい!」と声をかけて話しかけてくる。

 2年生になったとき、選択教科で音楽を選んだ。選択教科では自分たちでプランをたてて学習できる。普段授業でなかなか使うことのできなかった楽器類や合唱を練習して、秋の文化祭で発表することになった。
彼に「何をやってみたい?」と聴くと、「ピアノを弾きたい」と言う。「それじゃあ先生と連弾してみる?」と言うとうれしそうな顔でうなづいた。

 彼もよく知っている「ねこ、ふんじゃった」を練習することにし、一生懸命練習した。彼の演奏したのは、「ねこ、ふんじゃった」に合わせて作られたオブリガート(副旋律)。聴いたことのない旋律を、彼は耳で覚えながら何度も何度も練習した。スポットライトを浴びながら、みんなの前で演奏した文化祭は大成功だった。

 昨年、指宿に戻ってきた折、DVDプレーヤーとビデオデッキの配線がうまくいかず、市内の電器店にお願いした。どこかで見覚えのある顔だなと思い、もしかしたらと尋ねると、Tくんと同じ学校の教え子だった。出会いというのはとても不思議なものだ。
好きな音楽あれこれトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
あの子は今頃・・
教師という仕事を通して、たくさんの人との出会いを体験できた。楽しかったことよりも、大変だったことのほうが簡単に思い出せる。それも今となってはすべて良き思い出となっている。

 彼女とは2年弱のつきあいだった。生徒指導困難校と呼ばれる学校に赴任し、毎日起こる様々な問題の処理で、帰宅するのは夜。眠れない日々が続き、アルコールを毎晩飲み始めた頃だ。彼女の担任となったのは2年生のとき。1年の時に病気で母を亡くし、父は友人の連帯保証人となり、大変な借金を負わされた。彼女の生活は、私たちには想像もできないものに変わってしまった。毎日のように突然やってくる借金の取り立てに、彼女は持病が悪化して体調を崩すことも多かった。

 そんな彼女の支えとなっていたのは彼女を取り巻く友人たち。男女を問わず集まり大きなグループになっていた。彼女はグループの中でも思いやりのある子だったせいか、グループ以外の生徒との人間関係も悪くなかった。学校だけが彼女を解放してくれる場所だったのかもしれない。精神的に不安定で怒りっぽくなることもあり、その矛先は時に自分自身に向かい、拳で窓ガラス2枚を叩き割って大けがをしたこともあった。

 彼女が転校することになった。彼女はグループのリーダーとけんかして、彼らに黙って行くことを決めた。「黙ってて」という彼女の気持ちを大切にしたいと思い、彼女が行ってしまうまで彼らに告げなかった。そしてその後の彼らの反発は想像通りだった。

 彼女たちグループの3名を親から預かって1日だけ家に泊めたことがあった。夜中までたわいない話をしてたくさん笑った。学校でこんな顔を見せたことがあっただろうか?生徒をうちに泊めたことは、後にも先にもこれが最初で最後だった。今頃どうしているだろうか?
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
暗譜に思う~ピアノレッスンより
中学生のピアノレッスンでは「暗譜で演奏する」ということを課している。暗譜で演奏するためには、より多くの練習を必要とするし、見ない分、今までよりも音楽を深く理解しようとするし、演奏により集中できるだろう。彼女らは初心者だが、この訓練は「記憶力」アップにもつながると思い取り入れている。

 最近私が練習しているあるピアノ曲は、13ページの楽譜なのだがなかなか覚えられず大変だ(笑)あきらかに練習不足だし、そのうえ「記憶力」の低下は否めない。似たようなフレーズが何度も登場してくると、指も脳もすぐには思い出してくれないのだ(^^;)

 記憶には「短期記憶」と呼ばれるものと「長期記憶」と呼ばれるものがある。テスト前に一夜漬けして学習したものは「短期記憶」と呼ばれるもので、毎日覚えては忘れ、覚えては忘れたもの(長期的な記憶)は、より深く脳に刻まれて長く覚えていられるらしい。

 こういう面倒なことを避けられるなら・・と思うのが普通だが、これをみんな乗り越えてきているのだ。練習や勉強においても然り。以前ホームルームで「今を頑張ってみよう。すぐには結果が出ないかもしれない。まずは3ヶ月頑張ってみよう。そうすれば、頑張ることに慣れて「苦」に思わなくなるし、成果が出てきたことに自分でも気づくはずだ。」と。

 毎日コツコツすることは大切だとわかっている。そのための練習や勉強の時間は「余ったときにやる」ではいけないのだ。毎日の生活を見直し、無駄にしている時間を有効に使う。毎日の生活の中で、やらなければならないこと(練習・学習)には「時間を作る」という気持ちが必要だ。

 練習(勉強)を1日休むと、他の人より3日は遅れる・・と言われる。きついことを頑張って毎日続けた人が、より速く上達できるのだ。誰もが「褒められたい」「上手になりたい」という向上心を持っている。「今はきついが、あとで自分の目標を達成できる」のがいいか、「今は楽をして、あとで後悔する」のがいいか。私は「あのときもっと練習(勉強)していれば・・」という部類の一人だ。時間は無限ではない。今やれることを精一杯やらなければ。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
日本と違っていたところ
 4~7月初めまでの滞在で気づいたことを書いてみます。私は花粉症で毎年苦しむ春が嫌いです。しかし、向こうでは症状は全くでなかったうえに、じめじめして嫌な梅雨を味わうことはありませんでした。日本にいるときよりも体調は本当によかったです。(このことを友人のYに話したら、私もそうだったのですが、彼女も帰国後に体調を崩して大変だったそうです。勉強だけに集中できたブリスベンでの生活が懐かしいと^^)

 オーストラリアではお肉が安く購入できるので、よくBBQ(バーベキュー)をしています。友人や家族と集まり材料を買い込んで公園へ。Roma Parkはきれいな草花や木々、人工の滝もありとてものんびりできる大好きな場所でした。ここではみんなが自由にBBQできます。しかも自由に水道やガスを使うことができるんです!だから、食べ物や飲み物の材料を買ってくるだけ。非常に便利で格安パーティーができました。

 オーストラリアのスーパーでは、品物の代金が小数第二位まで書いてあります。例えば$1.57みたいに。最終的にレジで計算したときに小数第二位の数字を四捨五入するわけで、$1.55なら$1.60支払います。小さな単位のコインが今は出回っていないからです。ですから、買い物に行くときに、賢い人は電卓を持って買い物したりして、小数第二位が4以下になるように商品を買っています。あと、レジ袋ではなく、エコバッグ(お店の名前入り)を使っている人が多かったです。しかもこのエコバッグ99セントとか$1で購入できるのです。不織布でできており、丈夫でとても大きいので、たくさんの買い物ができます。ホストマザーはまとめ買いをしていたので、このエコバッグを3つ持って買い物に行っていました。 
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
フライトの変更&K先生の授業
 28/06/2006

 ブリスベンにある「シンガポール航空」のオフィスに行った。そこへ向かっているときにA先生に会った。「どこへいくの?」私は小旅行を計画していることを話した。どの街に行くのがいいか彼女に尋ねると、「メルボルンがはるかにいいわね」と。メルボルンはとても美しく、かなりBritish styleな街だと聞いていた。

 オフィスに着いて受付に尋ねた。「予約しているフライトがあるんですけど、日本へ帰る前に3日間ほどfree timeがあるの。メルボルンへ行きたいのだけど、可能なら出発地をブリスベンからメルボルンに変えていただきたいの。」と。彼女は「Of Course」と言った後、日本にある福岡オフィスにメールを送った。明日には確認できるそうだ。

 今日の午前中、友人のTがGeneral classのK先生とレッスン後に話していた。なぜなら、彼女の教え方はよくない・・・悪いのだ。しかし、昨日よりは少しましだった。彼は自分の不満を直接先生に話していた。「今日の授業は何を目的とした授業だったのか」と。この時の様子を別の友人から聞いたのだが、彼は冷静に話していたらしいのだが、彼の声はもともと大きいので、職員室にいる先生たちが非常に驚いていたそうだ(^^;)

 このレッスンのあと、別の友人TがK先生の授業だったらしく、彼女はその授業中に「生徒に文句を言われてさぁ・・」みたいな不満をこぼしたらしい。そんなことわざわざ生徒に言わなくてもいいのに。彼女は私たち生徒のことを理解していなかった。だから、彼女の教え方は変わらなかったのだ。やはりJ先生に彼女のことをきちんと話さなければならない。

※友人TとK先生の会話を聞いていたM先生が、このあと彼女に何かアドバイスをしたのではないかと友人が話していた。私たちが尊敬するM先生とK先生は、同じ大学の大学院に現在通っており、普段から仲がいいらしい。そこで、彼が彼女の教授法にアドバイスしたので少しずつ変わってきたらしいと。
 
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
Animation Movie"Over the hedge"
24/06/2006
今日はCity Libraryへ行き、英語の勉強と宿題をした。お昼になったので友人のTに電話をしてSouth Bank Cinemaに映画を見に行った。私たちはアニメ映画「Over the hedge(邦題:森のリトル・ギャング)」を以前から見たかったのだ。そこにはたくさんの人がすでに並んでいた。子ども連れが多く、school holidayが始まったらしい。ストーリーはかなりシンプルだったのでわかりやすかったが、時々子ども達がどうして笑っているのか理解できなかった。それでもとてもおもしろかった。

 アニメ映画は英語の勉強にはとてもよい教材だと思う。友人がこんなことを言っていた。TOEICコースを他の学校で受講したときに、スクールの生徒の一人は、毎日1回同じ子ども向けの映画を見ていたそうだ。約1ヶ月が過ぎる頃、彼は映画の出演者が何と言っているかを聞き取れるようになったそうだ。同じビデオを何度も何度も繰り返しみることで、リスニングのよいexerciseになったようだ。この方法をいつか私も試してみたい。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
友人の卒業
 23/06/2006
今日は友人の一人であるHのgraduationだった。私たちはceremonyで彼の姿を見るのを楽しみにしていた。しかし、残念なことに、校長先生は最後まで彼の名前を呼ばなかったのだ。ceremonyのあと、私はHに尋ねると、彼もわからないという。彼はかなり怒っていた。あとでわかったのだが、彼は働きながら学校で勉強していたので、授業に来られないことがあった。欠席がかさむと、掲示板のwarningに名前が掲載されるのだ。ceremonyでの証書授与は、80%以上の出席者のみだという。だから彼の名前が呼ばれなかったようだ。しかし、彼はJ先生のところへ行き、なんとか証書を受け取ることが出来た。

 放課後、Backpacker's Hotelの屋上でsmall partyを開いた。食事を取りながらたくさん話した。友人のKがたくさんの友だちやK先生とI先生を招待していた。周りを見渡すと、日本人だけでなく韓国人、ブラジル人もいた。私たちは思い出に写真を数枚とった。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
クラスについての相談
 22/06/2006
昼食のときに、以前のクラスで一緒だった台湾人のMとJ先生に会いに行った。私たちは、現在のクラスに満足していなかったからだ。私のGeneral classはK先生だ。彼女は良い先生だが、この学校でのベストティーチャーはM先生だ。彼らのteaching styleは全く違っていた。私はM先生の方法に慣れていた。クラス変更までは本当に一生懸命に勉強していた。だから、この不満をJ先生に話した。

 私は昨日もおとといもK先生から同じ文法の授業ばかり教わっている。彼女がくれた宿題も以前のクラスでやったものと同じなのだ。J先生の部屋に入ったとき、私はとても怒っていたが、彼女に話した後は少し気が楽になった。でも、これは問題が解決したときのものとは全く違う気持ちだ。私はLevel5にクラス変更することをあきらめたくなかった。しかし、やれるだけのことはやった。それでも変更は無理なのだろうという気持ちでいっぱいになった。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
TOEIC pre-test
21/06/2006
 午後、TOEIC Pre-testを受けた。このテストは古いタイプのもので、アジアのいくつかの国ではすでに新しいテストに移行していた。しかし、私は自分の現在の英語力を把握したかったので受験した。本試験はすでに1月に受験していた。pre-testを受けることで、以前の試験と比較できると考えたからだ。

TOEICには2つのパート-ListeningとReadingがあった。リスニングでは45分続く聴き取りに集中することが難しかった。Readingは100問をなんとか時間内にマーキングすることができた。

 2日後、先生が私のscoreについて「おめでとう!」と言ってくれた。以前のscoreを話しているので、そう言ってくれたのだろう。以前の本試験に比べて、約150点upしていた。とくに、以前よりもリスニングがよくなっていることに驚いた。私は、日本で行われる本試験に申し込みをしたので、来月受験する予定だ。これからも勉強を続けていきたいと思う。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
わが家は韓流ブーム
 わが家では遅ればせながら、毎日韓国ドラマを見て盛り上がってます。まず、「チャングムの誓い」NHKで放送されたものです。聡明な女の子チャングムは、宮廷料理人として最高の地位にあるチェゴサングンになることを目標に女官として修行を続けますが、謀反の事実を知ったチャングムの母を死に追いやったチェ一族の陰謀により、チェジュ島に地位を剥奪され追放されます。それからの彼女は、復讐するために宮中へ戻ることだけを心の支えとして、医学の勉強に励みます。医女試験に合格したチャングムは、夢に見た宮中へ復帰します。・・・このドラマは全54話もあり、残り20話ぐらいまでになってきました。

 それから、「ホ・ジュン」。これも医務官のお話です。もしかしたらこのドラマはチャングムよりお話が長いかもしれません。チャングムとホジュンとを毎日見ていると、出演者の数名がどちらのドラマにも出演しているので、初めのうちは混乱しました(^^;)どちらのドラマも、主人公が困難に負けず前向きに取り組む姿に感動します。貧しいけれど心やさしい主人公が、やがてみんなの役に立つ人になります。

 最後に「火の鳥」。2年半ほど前に亡くなったイ・ウンジュの主演したドラマで、以前スカパーで見ていたときにはまりました。オープニングをじっくり見ていただくと、今後のドラマの展開が予想できるかもしれません。お嬢様が一転して貧乏生活になり、貧乏な旦那様が嫌いで別れたのに、その彼が事業で成功してお金持ちになります。彼女は苦労していく中で、人として大切なことをたくさん学んでいくことになるのですが・・・。韓国のスーパーアイドルグループ「神話(シンファ)」の一人である「エリック」がなかなかの好演です。今後の展開が楽しみです。
韓国映画・ドラマ・韓国語トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
校内合唱コンクール
 日曜日に行われたM中の校内合唱コンクールへ、審査員として招かれて行ってきました。各クラスが、課題曲と自由曲を演奏して競いました。事前にお借りした楽譜で演奏曲全10曲の教材研究をして、久しぶりの合唱にワクワクしながら臨みました。

 教科書と合唱曲集から選曲していたのですが、生徒たちの年代や学校によっても好みが違うので、10曲中4曲は初めての曲でした。この時期に校内合唱コンクールをするのは、授業時間数の少ない中での行事ということもありとても大変だと十分理解していました。にもかかわらず、その苦労を少しも感じさせない素晴らしい演奏で驚きました。

 演奏は1年生から始まりました。課題曲「朝の風に」は明るい曲調にフレッシュマンたちのさわやかさがぴったりで、とくに女声の高い声が透き通るような歌声でした。自由曲になると、緊張と力みがあったせいか、課題曲とは声が変わってしまったのが少し残念でした。

 2年生になると、男声が変声期をほとんど終えているせいなのか、声量がぐんと大きくなりました。歌ですから、当然歌詞が大切になってくるわけですが、言葉のまとまりを大事にしたブレスに気をつけているクラスが見られました。

 3年生はさすがに上級生です。最後のコンクールということもあり、担任の先生を総動員して演奏したクラスもありました。演奏は、2年生よりもさらにグレードアップしていて、安心して聞けました。指揮・伴奏だけでなく、曲想の工夫が見られました。

 クラスごとに「金・銀・銅」の評価とベスト指揮者・ベスト伴奏者を選定しました。各クラスごとに気づいたところを伝える時間がなかったので、後日まとめて担当の先生にお渡ししました。

 選曲するのは難しいですね。私が曲を選ぶとしたら、まずそのクラスのもつ雰囲気・声域に合うもの。課題曲とは違う曲調や速さの曲で印象づける。曲中に盛り上がる部分があるものを選ぶ。ということを考えます。しかし、実際に自分がいいなと思った曲でも、生徒の好みは違うので、最終的には自分が弾き歌いをしながらその曲の良さを必死に訴えるしかない!「ここの部分のメロディーがいいのよ~」とか(笑)

※そういう私も、前任者の課題曲をクラスの声量・声域に合わないのにそのまま使い、県中学校音楽コンクールで大失敗したことがありました(^^;)※

 久しぶりに若い人たちの演奏を聴いて、パワーをもらった気がしました。M中のみなさん、素敵な時間をありがとうございました。
好きな音楽あれこれトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
楽しく英語学習できる本
 クイズ形式の本で、読み出したら止まらなくなるおもしろさ!「英語力診断 アメリカ横断トリビア・クイズ777」をご紹介します。本書にはアメリカについての常識・文化等が777問のクイズで紹介されています。
 
 例えば「The check room in a restaurant is the place to ( ).

a) pay for your meal
b) leave your coat
c) wash your hands

空いた時間で少しずつ読めるのでいいですよ。みなさんもぜひご覧ください。
英語・英会話トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
昨夜のNHK「鶴瓶の家族に乾杯!」
 昨夜のテレビ番組「鶴瓶の家族に乾杯」では鹿児島県指宿市山川・開聞の放送2週目でした。私はこの時間留守にしていたのですが、録画して出かけました。出先で友人から電話が入り、「同級生の○○くんが出てるよ」ということで、帰宅後に早速チェック。

 山川の鰹節工場の場面で、聞いたことのある名前の男の人が出てきました。友人の「高校の時とは全然変わっててわからなかったよ」という言葉通り、名前を言われてからやっと分かりました。学生時代はとっても痩せていてメガネをかけていたのですが、だいぶふっくらしていてメガネをかけていなかったせいか、別人のようでした。・・・こんな失礼なことを言っている私も、学生時代にくらべてかなり太ったので、若い頃の私を知っている人が見れば「別人のよう」かもしれません(笑)

 同級生のS君を、高校のときの先生があだ名をつけて呼んでいたのがとても印象に残っていて、字幕でみるまで彼の名字を思い出せませんでした。ごめんなさい・・・録画したビデオ視聴したあと、友人と電話で話してました。「たぶん、テレビを見た同級生があちこち電話してるよねー私たちみたいに」おそらく、本人に電話しなくとも、あちこちで昨夜の番組が話題になってるでしょう。
映画・ドラマトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
英語レッスン・子育てに使える本
英語で子育て・レッスンの本をご紹介します。「こんなときどういうの?」という簡単フレーズが満載で、すぐに調べることができます。



英語・英会話トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
不平・不満は言わない!?
 クラス替えとか担当教師とかでゴタゴタした語学学校での話を書きました。このあとも、Level3,4で納得いかない生徒たちが、学校のスタッフと個別または数名で話し合いに行きました。学校側は、出張の多い校長に代わって対応するスタッフを1人置くことにしました。

 この間、友人たちにいろいろ相談しました。自分はこの授業は合わないと思うと、早いうちにクラス変更を申し出る人がほとんどでした。ですが、ある友人は「私なら絶対に不平・不満を言わないわ。」と、クラス変更したいという私たちに強い口調で言いました。クラス変更を申し出るのは権利であって、これを言わずにおとなしくだまって授業を受けているだけなら、日本の学校に通っているのと同じだと思いました。「ガタガタ言わずにレベルアップのための勉強をしろ」という意味だったのかもしれません。授業によっては、レッスン内目標のわからない授業や、ただおもしろおかしく笑わせているだけの授業もあったので、我慢の限界を超えていました。

 「黙っているのが美徳」みたいに言われたことに驚きました。そして、クラス変更したいと言うことは間違っているのだろうかと悩みました。友人の男の子も私と同じで「不満を解決するために行動する」という意見だったので、学校スタッフのところに相談に行くことにしました。「事を荒立てる」というつもりはなく、ただ勉強したいだけなのに。この後、私の悩みが完全に解決することはなかったのです。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
クラス変更
20/06/2006

私の受けている授業がほとんど変わった。前のクラスのM先生がLevel5を担当することになったので、私の所属していたクラスが無くなってしまった。クラスの友だちとも別れてしまった。とても悲しかった。

 昨日、私たちはいつものように英語を勉強したり、笑いながらたくさん話したりした。クラスみんながとても仲が良かった。私たちはM先生のことが大好きだった。クラス変更にはとてもがっかりした。もしチャンスがあれば、M先生のいるLevel5に行きたい。彼は、生徒も同僚の先生方も認めるbest teacherだった。いつも適切に教えてくれた。彼は私にいくつもの適切なアドバイスをくれる先生だった。

※この日、Speaking,Reading,Listening,Writing,General Englishの新しいクラスが発表になった。そのうち2つの授業の発表には自分の名前が書いてなかったので、副校長に尋ねると、「好きなクラスを選んでいいよ」と言われ、ここから少しずつ何かが違ってきてしまった。この少し前にはLevel3のクラスで大きな問題が起きていた。

 General Englishの担当教師数名が、他の国で働くために辞めたことやあたらしくCambridgeコース設立の関係から、あちこちで不具合が生じ、あるクラスは、毎日担当教師が変わるtemporarily teacherばかり・・という悲惨なことになった。指導力のない教師をGeneralの担任にしたために、クラスのほぼ全員がクラス変更を申し出るという結果まで引き起こしていた。生徒の多くが学校側に不満・不信感を抱いており、校長室に怒鳴り込んでいくという事態も発生した。みんな語学習得のために必死なのだ。義務教育の学校のように無償ではなく、そのために必要な授業料も支払っている。それがこのようないい加減な管理体制では納得できないのだ。

 数日後、学校のスタッフのK先生と同じバスに乗り込んだ。彼女はとても親しみやすく、気軽に話しかけてくれる。「授業はどう?」「私はM
先生のクラスだけど、彼の教え方はとてもわかりやすくて問題ないわ。でも、Level3の友人たちが大変なことになってる」というと、「私も知ってるわ。今は一時的に先生の交替で大変だけど、すぐに以前のようになると思うわ、心配しないで。」と。この時は、まさか自分のクラスがクラス消滅という形で変更になるなどとは、思いもしなかった。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
フィンランドの国語教科書
インド式の数学についてご紹介しましたが、今、フィンランドの教科書を取り入れて学習している学校があるようですね。そこで、フィンランドの国語教科書4年生を読み始めました。5つの力「発想力」「論理力」「表現力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」を自然に身につけることができるように構成されているそうです。これまでの日本の教育とは全く異なっており、義務教育を終えた大人でも、楽しく勉強することができると思います。10才以上大人の方まで学習できますので、興味のある方は書店等でご覧になってください。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
シドニー空港で麻薬探知機
 シドニーを旅行した際、ブリスベン行きの飛行機に乗ろうと検査へ。機内持ち込み用手荷物をX線検査に通して通過。その時、ある男性係員が近寄ってきて、英文の書類を見せてきました。突然のことにパニックになりましたが、YesかNoかと聞かれ、OKと答えると、私の衣服にリトマス試験紙のような紙を数回なでまわし、その紙を検査機械の中へ。そしてさらに、手荷物バッグを開けさせて、先ほどと同様に、紙であちこちバッグの中身に触れたかと思うと、それを検査機械の中へ。「ありがとう。いいですよ」と通されました。

 最近オーストラリアへの薬物持ち込みが問題になっており、若い女性に多いと聞きました。日本人はどこに行っても、実年齢よりも若くみられるせいか、私もチェックの対象になったようです(^^;)

 そういえば、オーストラリアの有名人女性が西アジアを旅行した際、
麻薬探知機でひっかかってしまって、釈放するために、家族がお金をかき集めて莫大な保釈金を支払ったようです。釈放された彼女は、オーストラリアでインタビューに応じていましたが、彼女の手荷物から見つかったといわれる麻薬の小さな袋は、彼女の持ち物ではなく、彼女は全くの濡れ衣だと言います。同じような件で、日本人男性が、もう長いことオーストラリアに収監されているという話も聞きました。

 もし自分がチェックを受けたときに、そのようなことになっていたら・・・と考えると恐ろしいです。友人は、空港内を捜査している麻薬探索犬に荷物を「クンクン」と匂われてしまい、荷物を開けてチェックされたそうです。実際には、そのバッグにグレープフルーツ味のお菓子が入っていたようで、事なきを得ました。ワンちゃんもお腹がすいていたのでしょうか?ご旅行の際はお気をつけください。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
驚きました。た、たまごが・・・・
 今夜の夕飯はホットプレートでお好み焼きでした。粉に卵を「ぽんっ」と割入れたところ「ん??」視力が悪いせいかと目をこすりながらもう一度見てみると・・・なんと卵が「ふたごちゃん」だったのです!!初めての体験で、とっても感動しながらもうひとつ卵を割入れました。すると・・・またもや「ふたごちゃん」!偶然が二度も続いたので、記念に携帯で写真をとりました♪連続のふたごちゃんに「何か起こりそう!?」といいことを期待しつつ、空腹に負けて混ぜ混ぜしてしまいました。
その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
Plastic Surgery
スピーキングの授業のときに、台湾人の女性が「私は(目が)一重だから二重になりたい。」って話したのを聞いて、韓国人学生が「plastic surgery(整形)すればいいじゃん」って即答していました。台湾人女性は「それはしたくないのよ」って返答してましたけど。「整形すれば」と言っていた彼女は、あきらかに二重に整形にしている人でした。韓国人の友人に聞くと、「整形は特別なことじゃないわ。誕生日のプレゼントとかで親にお金を出してもらってすることもある。うちの姉も二重にしたのよ。」とか話していました。

 マイケルジャクソンの整形についての記事をWikipediaで読んだのですが、彼は幼いころ、大きな鼻をバカにされたことからコンプレックスを持ち手術したようです。(呼吸しづらかった鼻を正常にするためにとも言っているそうですが)彼の記事からもわかるように、最近は「プチ整形」とか気軽にできるイメージがありますけど、どんなに小さなものでも「手術」ですから、失敗もあり得ますし、大きなものになれば命にもかかわると思うのです。安易に「整形」に走るのではなく、まずは内面を磨いていきたいものです。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
Obesity & Diabetes
 ブリスベンの秋は、日中は夏のように暑く、町中を歩くと「ヘソ出し・ヒップハング」の若者が多く見られました。ですが、日本と何かが違う・・・彼らの多くは、Tシャツの下からぷよぷよのお腹が見えていたり、ジーンズのウエスト部分にお肉がのっかっていたり。一部の日本人は「あれはやっちゃいけないよー」と言っていましたが、彼らはそんなのおかまいなし。おおらかな国民性だけですまされることではなく、Obesity(肥満)は社会問題のひとつになっていました。

 テレビでは、とても太っている女性が医者の診察・検査を受けたのち、「あなたの寿命はあと○年」という厳しい診断をくだされる番組がありました。その後は、医者の指導のもとに健康な体に近づけるように食事や運動を続けて再検査し、成果を出すというものでした。肥満だけでなく、あるニュース番組では、小学生の男の子がDiabetes(糖尿病)の治療をしている様子が放送されていました。あんなに小さい子どもが、糖尿病まで発症していることに驚きました。

 2件目のホストマザーはSwedishで、ヘルシー嗜好の方でしたのでバランスのよい食事をとることができました。「日本人の食事はヘルシーだから、私もお米をよく食べるのよ」と。

 最近の日本の食卓はどうでしょう?ずいぶんと欧米化が進んできたせいか、古来から魚を食べてきた日本人が、肉を食べる割合の方が多くなっているそうです。これにより、オーストラリアで見たような光景が増えてきていると考えるとおそろしいです。そういう私もダイエット中で、自分の食生活を見直しているところです。「バランスのよい食事」と「適度な運動」が必要不可欠です。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
Freckle & Skin Cancer
私がブリスベンで暮らしたのは秋~冬の季節でしたが、日本の真夏よりも日差しは強い感じがしました。半袖で登校するときには、顔・首・腕に全部日焼け止め乳液で紫外線対策をしていました。日本から持っていったほうが断然いいです!私が持っていたのはSPF50というタイプでしたが、向こうには50なんてすごい日焼け止めクリームはありません。ときどきは日焼け対策用に長袖シャツを羽織ってました。

 私たちは黄色人種ですが、白人の現地オーストラリア人は、オゾン層破壊による紫外線の害をとても心配していました。先生の話によれば、毎日自分の顔や露出しているところ(首、腕、足など)にある「そばかす(freckle)」の大きさを確認することが大切だと。皮膚ガンを早期発見するためには、毎日の観察が必要だということでした。ニュース番組では、ある男子高校生の話が取り上げられていました。彼はサーフィンの好きなごく普通のオーストラリア人高校生。その彼が、ある日皮膚ガンに犯されているとわかったのです。このニュースの最後には「先日、彼は皮膚ガンで亡くなりました」とあり、とてもショッキングでした。

 オーストラリアの労働者の制服は、半袖・短パンという姿をよくみかけます。駅員、土木業者、宅配業者、バスの運転手など。これもニュース番組でしたが、土木関係のある会社が、作業員に対して「できるだけ肌を露出しない服装を」と呼びかけていました。これも紫外線による皮膚ガンの発症を防ぐためです。

 子ども達の制服にも工夫が見られます。セーラー服や短パンの制服には、つばの広いおそろいの色のあごひもつき帽子をかぶっていました。小さな子ども(幼稚園ぐらい?)は、キャップだと首が日焼けしてしまうので、防空頭巾のように首の後ろをかくすために、キャップにひらひらした布切れがついた帽子を着用していました。

 まだ6月初めだというのに、鹿児島でも日中30℃を越すところが出てきました。(7月上旬並みの気温)地球温暖化は「よその国」の問題ではなく、地球の住民みんなが考えて、できることを心がけていかねばなりません。私たちも、地球にやさしいことを考えて行動しながら、自身の体を守ることも真剣に考えていかねばならないようです。
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(4) | top↑
Water Shortage & House Rules
ブリスベンは、気候が温暖で雨が降ることも少ないときき、寒い冬が苦手な私はここで暮らすと決めました。昨年、オーストラリア全土で水不足が深刻化したため、水不足による「警報」が出ていました。水の無駄使いをしないようにできるだけ気をつけていました。

 1件目のステイ先では、私の洗濯物が少ないという理由から、洗濯は手洗いでするように言われていました。大きめのバケツに洗剤を入れてゴシゴシ。使用済みの洗剤液やすすいだ水は、庭の植木にかけていました。

 お風呂についてはシャワーしかダメ。1件目のステイ先ではシャワーは10分まで。仕方ないな。。とシャワーを浴びるときは戦闘態勢でした。お湯をひねってもはじめは冷たい水しか出てこないので、その間に顔を洗ったりして。(この家には1階と2階にシャワールームがあり、1階は男性用、2階は女性用でした。ホストマザーが夜に出かけるときは、ブラジル人たちは一人で30分ぐらいシャワーを浴びていたそうです(^^;)

 2件目のステイ先では「シャワーは5分!」と決められていたので、本当に命がけでした(笑)水不足だからということもあるのですが、ブリスベンの家庭は夜間に給湯するタイプらしく、たくさんお湯を使ってしまうと最後の人がシャワーするころには水しか出なくなるらしいのです。日本から持っていったリンスインシャンプーが、時間短縮の役に立ちました。5分というのはあくまでも目安なのでしょうが、ホストマザーとトラブルになりたくなかったので、頑張って5分で入浴するようにしてました(^^)

 テレビのCMや町中のポスターでも「Level3」(水を大切に使いましょう)という呼びかけがなされていました。レベル3になると、「洗車の際には、水をバケツに入れて洗いましょう」とありました。呼びかけにもかかわらず、ある日本人学生は「1日おきにバスタブに水ためてお風呂入ってるわ」と言っていたことにあきれました。一人一人の心がけがなければ、この水不足を乗り切ることはできないと改めて思いました。

 私が滞在している間に「Level3」になった水不足。土日は公共施設のトイレがほとんど使用禁止になりました。Libraryでトイレが使えなくて、100メートルほど先にあるCity Hallまで走っていく。。なんてことも体験しました。

 ブリスベン家庭の水道水は飲めないことはありません。ですが、おいしくはないです(^^;)普段はミネラルウォーターをほぼ毎日のように購入していたのですが、お金がなくなると、やむなく水道水をペットボトルに入れて学校へ行きました。でもこの水道水、時間が経てば経つほどまずくなるんです。水は命に関わるものですから、少しでも体にいいものを飲むことをおすすめします。 
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
my right eye
18/06/2006

 空港に友人を見送りに行き、その帰りに空港内のショップを見て回った。それからtrainで帰ろうとプラットホームで列車を待った。空は暗く、霧雨が降っていた。今日はChinatownに行きたかったけど傘を持ってこなかった。だから真っ直ぐに家に帰ることにした。

 帰宅して、毎週の宿題でもある「英語日記」を書いた。最近、英語を勉強していなかった。だから、1週間分の日記を書くのにとても時間がかかった。はそれに先週ぐらいからとても体が疲れていた。とくに、私の「右目」には痛みがあった。宿題を済ませて目薬を差した。

※この「右目」の痛みは、おそらく眼精疲労だったと思います。右目の眼球を手で「ぎゅ~っ」と握られているような痛みでした。オーストラリアでの毎日を一生懸命頑張ろうと気負いすぎたせいかもしれません。学校の授業が終わると、あちこち見て歩いたり、図書館で辞書片手に新聞記事を読んだり、帰宅すればほぼ毎日夜中まで勉強しました。受験のときでさえ、こんなに勉強したことはなかったかもしれません(^^;)
Brisbane Lifeトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
今日の学習~TOEICより
 先日、TOEIC委員会より7月実施の試験案内が届いた。昨年7月に受験しているので、今回はリピーター割引(6,000円)で受験できる。TOEICの受験料は半端じゃなく高い!1~2ヶ月おきぐらいで受験できるのに、通常6,615円は痛いよ~。昨年11月受験を最後に勉強不足になっているので、昨日・今日とTOEIC対策用の本を開いてみた。忘れているものばかりだ・・。その中からいくつか書いてみることに。

♪今日の学習♪

despite+名詞(句)
in spite of+名詞(句)
although, though, even though, even ifのときは+節になる。
because,as,since+節
because of, thanks to, due toのときは+名詞句
インターネット経由で:through, over,via,onのいずれかを使う。
appreciate,mind,enjoy,avoid,consider,miss +動名詞
expect,fail,offer,promise,want,prepare+不定詞
most+名詞
most of the+名詞
used to+動詞の原形:よく~したものだ
be used to+動名詞:~しなれている
接続詞since:~だから
while+節
during+名詞句
expect+目的語+to不定詞
比較級を強調する場合は、farやmuchを比較級の前につける
unless+節
without+名詞句
another+単数名詞
other+複数名詞
as long as+節
in time:時間に遅れずに
on time:時間通りに
in order of:~順に

英語・英会話トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

pincushion

Author:pincushion
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。